無痛治療

痛くない治療法(無痛治療)

無痛麻酔

歯科医院を嫌がる理由のひとつに痛みというものがありますが、それも局所麻酔の発達で抜歯や、神経の治療を無痛にて行うことが、可能になっています。

しかしその反面、麻酔自身が痛いという矛盾があることも、事実です。

ただし、これは以下のような方法でコントロールすることが出来ます。

  • 麻酔液の温度を体温に近づけることによって痛みを和らげる。(麻酔液温の管理)
  • 麻酔注射をする前に表面麻酔(ゼリー状、ペースト状、スプレー式、テープ式等)を塗る。
  • ゆっくりとしたスピードで数回に分け、麻酔を打つ。
  • 麻酔を打つとき、極細の注射針を使う(直径の細い 33Gの使用など)
  • 歯根膜注射器(ガンタイプ)または電動注射器を使用する。
プラザ歯科では、自動浸潤麻酔器(オーラスター)を導入して、
出来る限り、痛くない治療を行うよう取り組んでいます。

(注)痛みというものは人によっても歯のコンディションによっても感じ方が違います。
この場合の無痛とは、出来る限り麻酔に伴う疼痛を和らげるということと、麻酔を確実に行うことにより無痛にて治療を行う方法と考えて下さい。
したがって人によって、またはその時の歯のコンディションによっては多少の痛みを感じることもありますのでご了承下さい。

笑気ガス鎮静法

かなり恐怖心のある方には、笑気ガスを使用します。
鼻にマスクをあて鼻から、酸素:笑気=7:3位の割合で吸入します。
すると恐怖心が少なくなりボワーとした感じになり痛みに鈍感になります。

実際の治療法は?

1. 治療椅子にすわり、鼻マスクを着けて、通常の鼻呼吸をします。1~2分で心地よい、少し暖かい気分になります。一種の催眠状態になるため、治療に対して気が大きくなり、恐怖心がなくなります。

2. 注射の時も、それほど怖くありません。痛くないという暗示にかかって、痛みは感じません。もう、治療椅子にしがみつくこともなく、気持ちはすっかり穏やかです。

3. 削ったり抜いたりの治療中も、怖さを忘れてしまいます。
体の機能はふだんと少しもかわりません。医院のスタッフとの会話もできます。

4. 治療終了後でもとに戻ります。長い治療も気になりません。

無痛治療Q&A

Q

体に害はないのですか?

A

成分は酸素に笑気ガスを5~30%混入したもので、体には安全です。

Q

誰にでも使えますか?

A

子供からお年寄りまで、体の弱い方にも安心して使えます。
むしろ、非常にデリケートな人にほどむいているものだと言えます。

再診予約
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

お問い合わせ

歯のことでお悩みでしたら、プラザ歯科まで
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 04-7166-4180
  • 初診予約
  • 再診予約
  • 04-7166-4180
  • 初診予約
  • 再診予約